treeのようにたくさんの枝を

現役高校生が書く雑記ブログです。

「MacBookおじさん」の活動を見て学んだことをまとめました

f:id:treeblog:20170728222704p:plain

最近、何かと話題になっている「MacBookおじさん」。

 

なんとMacBookおじさんの専用ページまでできていました。

MacBookおじさん.com

 

 

こちらのサイトをのぞいてみるとたくさんの方がこの活動に参加しています。

 

ブロガーの皆さんの行動力恐ろしい。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

 

 

 そしてこの活動をみた僕は、「よし!MacBookおじさんにこれからの抱負を書いてみるぜ」と思いました。

 

しかし、その時あるツイートが目に留まったんです。

 

そのツイートがこれ。

 

 

まさに僕のことを表していますね。

 

やぎペー(@yagijimpei)さんになんか見透かされているみたい。(笑)

 

このツイートを見るといろいろ考えさせられて、とりあえずMacBookおじさんにメッセージを送るのはやめました。

 

 

そして、ほかの方の「MacBookおじさん」に関してのツイートも見ていると、色々学べることがあったので、まとめてみたいと思います。

 

 

理想語っても意味ない。とにかく行動する

これは先ほど紹介させていただいた、やぎぺーさんのツイートから学びました。

 

 

 

僕が思うに、理想を語ることは誰でもできます。

 

しかし、その理想に向かって行動できるのはほんとに一握りの人たちなのだと思います。

 

 

 

何かやりたいことが見つかったらすぐに行動する

 

 

ということを大切にしていきたいです。

 

 

行動力が大事

「MacBookおじさん」の活動に参加している方々達はほんとに行動力がすごいです。

 

例えば、MacBookおじさんに選ばれていた@fwww0707さんはメッセ―ジを一番に送っていたようです。

 

それと、riku(@dscrx100love)さんという方は、タクスズキ(@TwinTKchan)さんのこのようなツイートを見て

 

すぐにクラファンを始めていました。

 

ほんとにみなさんすごいです。

 

 

僕もこのような方々のようになれるよう、行動力を大切にしていきたいです。

写真撮るときのピースっていったい何なの?

f:id:treeblog:20170715174025p:plain

とうとう人類永遠の謎に迫る時がやってきてしまいました。

 

その謎こそ、そう。「写真を撮るときのピースっていったい何なの?」っていうもの。

 

この理由知ってるやつ、誰一人としていないでしょ。

だから、人類永遠の謎ね。うん。

 

ってことで、今回は写真撮るときのピースサインの意味を考えていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

何かポーズを取ろうとしたらピースになった

一つ目の案は、「何かポーズを取ろうとしたらピースになった」というもの。

 

何かポーズをとるときに、ある人たちが適当にピースをし始めて、それがみんなに広がったんじゃないかな?

 

これは本当にありそうだし、つまんないから、次!

 

ちゃんと写真撮らないと目つぶしするぞ!→ピース

二つ目の案は、写真を撮るときに「いい写真撮らないと、目つぶししてやるぞ!」ってなって、とったポーズがピースだったというもの。

 

よくよく考えると、ピースサインしたまま目つぶしってできるよね。むしろ、目つぶしをするためにピースサインが生まれたんじゃないかっていうくらい、ピースサインは目つぶしに打ってつけ。

 

多分、相当高貴な方が、自分の部下に写真を撮らせるときにこんなことになったんじゃないかな?

相当自分を美しく見せたかったんだろうね。

 

私二歳になったよのポーズ→ピース

次の案は、子供の時に「私、二歳になったよ」の記念にピースサインをし始めたんじゃないか?っていうもの。

 

多分、ちょうど二歳くらいの時にピースサインができるようになると思うんだけど、やっぱりピースできたばっかってうれしくて何回もやっちゃうと思うんだよね。

そうやって何回もやってたら、癖になっちゃってピースサインを続けるようになっちゃたんじゃないかな?

 

Google先生に聞いてみよう

色々考えても、答えには多分たどり着けないから、Google先生に聞いてみましょう。

 

Google先生によると、

一説によるとVサインは、百年戦争においてイングランド軍の弓兵が、敵であるフランス軍を挑発するサインとして使用したのが発祥であると言われている。イングランドの弓兵隊は飛距離や貫通力に優れたロングボウと呼ばれる長弓を用いて、フランス軍に対して多大な戦果を上げたため、捕虜にされれば二度と弓を引けないよう、指を切り落とされることがあった。その指を敢えて見せ付けて、「切り落とせるものなら切り落としてみろ」という意味合いがそのサインにはあった。

 

                   引用:ピースサイン - Wikipedia

 

らしいです。

 

 

あ、答え書いてある…

友達のしゃっくりを止めることに成功しちゃった話

f:id:treeblog:20170709162828p:plain

僕、先日あることをしてしまったんです。

 

なんと…

 

友達のしゃっくりを止めてしまいました!

 

他人のしゃっくりを止めるってなかなか常人的な技ではないよね?

ということで、今回は友達のしゃっくりを止めたときの状況を紹介したいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

友達がしゃっくりが止まらなくて困っていた

ある日、僕の友達がしゃっくりが30分くらい止まらなくて困っていました。

そして、その子はしゃっくりを止める方法をいろいろ試してたんだけど、なかなか止まらなかったのよ。

 

それを見た僕は、「あいつのしゃっくりを止めれたらすごいことだぞ」と思って、早速友達のしゃっくりを止めにかかった。

 

まずは有名な方法の「驚かせる」っていうことをしてみたけど、全然効果がなかったんだ。

 

ある仮説を立てる

そこで、その友達を見て僕はあることに気づいちゃった。

「もしかして、しゃっくりを気にしているからしゃっくりを止めれないんじゃない?」っていうことをね。

 

そして、「じゃあどうやったら、あいつの意識をしゃっくり以外に向けさせることができるかな?」と思った僕はあることを思いついた。

 

「そうだ、自分の手に意識を向けさせればいいんだ!」

 

 そう思った僕は、早速実行に移し始める。

 

友達のしゃっくりを止めた方法

まずは、でたらめに「俺はこの方法でしゃっくりを止めたことがあるから、やらせてくれ。止まらなかったら1000円でも上げる」といって無理やり了承を得た。

 

そして、「俺の右手から絶対に目をそらすな。俺は、左手でお前の腹を殴るから受け止めろよ」とわけのわからんことだけ言って、このポーズを取りました。

 

f:id:treeblog:20170325100422j:plain

 

そして右手はそのままにして、左手で何回も殴る真似をすること30秒。

 

なんと、しゃっくりが止まりました!

 

まとめ

友達のしゃっくりを止めれたときは本当にうれしかったな~

ぜひ、みんなも試してみてね!

 

え?頭おかしい人に見られそうだからやりたくないって?

 

確かに、今思うとだいぶ変なことしてるな~

うん。頭のおかしい人に見られたくない人はやめといたほうがいいわ。

ブログ4ヵ月目の運営報告

f:id:treeblog:20170704223050j:plain

時がたつのは早いことで、気が付いたらブログを始めてもう4ヵ月…

 

いや、早い!早すぎる!

 

今月は少しブログをさぼってしまったので、だいぶ数字がやばいんだよね。

だから、運営報告とかマジで恥さらしでしかないんだけど、自分への戒めということで、今月も運営報告していきます。

 

ということで、レッツ、運営報告!

 

スポンサードリンク

 

具体的な数字

それではまず、具体的な数字から紹介していきます!

 

PV:682 → 208

記事数:9 → 4

読者様:54 → 55  

収益:10円 → 1円

 

 感想

いや~、やばいね。うん。とにかくヤバい。もうそれしか出てこない。やばい以上やばい以下っていう感じかな?(ちょっと何言ってるかわかんないっていう意見は受け付けておりません)

 

とにかく、さぼったっていうのが綺麗に数字に出ちゃってる。

 

ちょっと前に、一丁前に「アクセスアップします!」とか言ってたけど、そもそもブログ書いてないから、それ以前の問題だな~

 

これはブログ初心者がついついやってしまうと思うから、みんな気を付けよう!

 

まとめ

次からは、しっかりと記事を書くようにしたいと思います。

そして記事を書いていれば、自然とコツとかもわかってきてアクセスアップできるであろう、という作戦で行きます。

 

あと、時間がないからと言って言い訳をしないで、時間を見つけてブログを書くようにしたい。

そのためにも、スマホを触りすぎない!

 

次の運営報告ではいい結果が書けるように頑張るぞ!

ブログのアイコンに困ったらコレ!「ココナラ」でワンコインで作ってもらおう!

みなさんお気づきかもしれませんが、とうとう僕のオリジナルアイコンが完成したよ!

 

それがこちら!

f:id:treeblog:20170624163337j:plain

 

どうです?いいでしょ?

 

実はこのアイコン「ココナラ」というサービスを使ってワンコインでつくってもらったんだよ。

 

ということで、今回はどんな感じでアイコンを作ってもらったのか紹介したいと思います。

もしアイコンに関して困っている人がいたらぜひ参考にしてね!

 

スポンサードリンク

 

そもそもココナラって何?

「ココナラ」っていうのは簡単に言うと、スキルとかを売買する場なんだよ。

 

例えば今回だと「絵を描く」というスキルを売買したことになる。

こうやって自分にできないことをほかの人にやってもらうときに使うサービスなんだ。

 

しかも、このサービス500円から出品できるので、多くのサービスをワンコインで利用することができるんだ!

お金がない学生とかにもぴったりだね。

 

coconala.com

 

どうやって作ってもらったの?

それじゃあ、具体的にそのようにアイコンを作ってもらったのか紹介するね。

 

まず、僕がお願いしたのは、nicospyderさんという方です。

coconala.com

 

この方にお願いすると、なんと!500円でアイコンを作ってくれます!

それに、とても満足のいくアイコンを作っていただけるよ。

 

で、どうやってお願いしたかだけど、とてもアバウトな注文でOK。

 

僕なんて、「木の着ぐるみを着た男の子」っていう風に注文したからね。

ちょっとnicospyderさんを困らせちゃったかな~(汗)

 

そのあと、何回かやり取りして細かいデザインとかも決めて完成!

 

とても満足のいくアイコンをつくっていただきました。

nicospyderさんありがとうございます。

 

まとめ

アイコンを自分で作れる方は少ないと思うので、作れない人たちからすれば「ココナラ」というサービスはとてもいいサービスですね。

 

ぜひみなさんもアイコンに困ったら「ココナラ」を作ってもらいましょう。

 

 

ちなみに、バナーの画像はこちらのサイトを参考に「Picky-Pics」というサービスを使って自分で作りました。

www.kailua020.com

nicospyderさんにバナーを作ってもらっても良かったんですが、学生のためちょっとお金が…

ただ、お金がある方は作ってもらったほうがクオリティは上がるので、お願いしたほうがいいと思うよ。

授業中に寝ることって悪いことじゃないよね?

f:id:treeblog:20170622214406j:plain

みなさんは授業中などに寝ていて、先生に注意されたことがありますか?

 

多分、ほとんどの人が経験しているんじゃないかな~

 

で、先生に注意されたときにほとんどの人だったら「あ~、授業中に寝ることはだめなことなんだ」と素直に受け止めることができると思う。

でも、少しひねくれた性格をしている僕はそこである疑問を持っちゃったんだ。

 

その疑問こそがタイトルにも書いてある通り「授業中に寝ることって悪いことなの?」っていうもの。

 

ってことで、このことについていろいろ考えてみよう!

 

スポンサードリンク

 

そもそもなんで授業中は寝ちゃダメなの?

そうしたら、まずは授業中に寝たらダメな理由を考えていくね。

 

この回答として一般的なものは、寝た分だけ授業が聴けないからっていうことだと思う。

これは当たり前のことだよね。

せっかく授業を受けてるのに、「寝て終わっちゃいました」ってなったらもったいないもんね。

 

あと、もう一つ理由があると思っていて、それは先生に失礼だからっていうことだと思う。

先生が授業をしてくれてんのに寝てるっていうのは結構失礼なことだからね。

 

先生が起こる理由

授業中に寝るのがダメな理由は考えたから、次はそれに対して先生が起こる理由を考えていこう。

 

まず、授業中に寝るながダメな理由として

  • 寝た分だけ授業が聴けないから ---①
  • 先生に失礼だから       ---②

っていうことを考えたね。(つい癖で、数学風に番号つけてしまった。これはもう職業病だ。)

 

まず、①に対して先生が怒る理由は、先生が生徒思いって言うことだと思う。

もしこういう理由で怒っている先生がいたら、感謝するべきですよね。(どういう理由で怒ってるかなんて分からないという意見は受け付けていません。)

 

そして、②に対して先生が怒る理由は、単純に先生がムカついているということだと思う。

「せっかく授業してやってんのに、聞いてくれないなんてどういうことなんだ!」っていうことなんでしょう。

 

授業中に寝ることって悪いことじゃないよね?

それでは本題に入っていきましょう!

 

いきなりですが、まずは今から上げる二つの例について、どちらが優れているか考えてみてください。

 

A:授業中眠いのを我慢してずっと起きていたが、耐えるのに必死で内容をあまり理解していない。

B:授業中眠くなってしまったので、少しだけ仮眠をとった。そのあとは集中できたので内容を理解できた。

 

このうちのどちらが優れているかと聞かれたら、誰もが後者のBを選ぶよね?

っていうことは別に授業中に寝ることは悪いことではなく、むしろ賢いことかもしれないってことでしょ?

 

だから授業中に寝ることって別に悪いことではない!

 

まとめ

授業中に寝ることが悪くないということがわかってくれたかな?

 

ただ、寝ることでデメリットもあるっていうことも分かってくれたと思うから、一番いいのは集中して授業を聞くこと!

あくまで、今までの話は眠いながら授業を受けるよりも、ちょっと寝てほかの時間で集中するほうがいいって話だからね。

 

というわけで、しっかりと睡眠をとって集中して授業を受けられるようにしましょう!

ブログ3ヵ月目の運営報告

f:id:treeblog:20170617134409j:plain

とうとうこの時間がやってきたよーー

ちょっと遅くなってしまったけど、そう!運営報告!

 

というわけで、ブログ三ヵ月目の運営報告スタート!

 

スポンサードリンク

 

その前に

実は、ちょっとブログをお休みしていて運営報告が遅くなってしまったのね。

そのことだけ謝っておくよ。ごめんなさい。

 

treeblog.hatenablog.com

 

運営報告

まずは具体的な数字からいくよ!

 

PV:約300 → 682

記事数:7 → 9

読者様:32 → 54

収益:6円 → 10円

 

考察

三ヵ月目は色々アクセスアップに取り組んだよ。

その成果がちょっとだけだけど出てきたかな?っていう感じ。

 

どんなアクセスアップに取り組んだかというと、例えばはてブをつけるようにしてみたよ。これについてはこの記事で詳しく書いたから見てみてね。

treeblog.hatenablog.com

 

後は、口調を変えてみたりしたよ。

これが意外とよかった気がして口調をかえた記事は、僕のブログの中でもとても読まれている方なんだ。

だから、そのまま続けているんだよ。

 

後、はてなproにしてスマホのデザインを変えたのもよかったかなと思ってるよ。

やっぱりカスタマイズをある程度しないと見にくいじゃん。

はてなproに登録してデザイン変えて見やすくなったから本当によかった。うん。よかった。

 

まとめ

二ヵ月目と比べるとアクセスは増えたけど、ほかの方々と比べるとまだまだアクセスが少ない!

やっぱりアクセスほしいじゃん?

 

ということで、これからも頑張るぞ!

少しの間ブログをお休みしていました

f:id:treeblog:20170613215424j:plain

皆さん、お久しぶりです!
 
少しの間、ブログをお休みしていました。
 
え?僕のことが心配で夜も眠れなかったって?
そんなこと言われてもうれしくねーぞ、この野郎がぁ~♪(笑)
 
はい。茶番は置いておいて、今日は僕がブログを休んでいた理由とかブログを休んで感じたこととか書いていくよ。
 
スポンサードリンク
 

ブログを休んでいた理由

ズバリ!僕がブログを休んでいた理由はテストがあったからということです。

 

なんといっても僕は高校生だからブログも大事にしたいけど、勉強も大事にしたいと思ってるんだ。

ブログやりすぎて勉強を疎かにしちゃいましたとかなったらシャレにならないからね。

だから、僕はブログを休んで勉強に勤しんでいたんだよ。

 

これからもテストとかがあるとブログを休んじゃうことがあるかもしれないけど、許してね。

 

ブログを休んで感じたこと

僕はブログを休んで、やっぱりブログっておもしろいなって再確認したよ。

 

勉強をしているときでも、「こんな記事書いてみたいな~」とかいろいろ考えちゃうくらいブログにハマってたよ。

テストも終わって今ブログを書いていることが本当に楽しい!

 

まとめ

やっぱりブログって楽しいですね。

今書いてて本当に楽しい!

 

これからブログ頑張っちゃうぞー!

みんなって数学好き?え?好きじゃないって?それじゃあ、数学の魅力を教えちゃうよ!

f:id:treeblog:20170528164342j:plain

こんにちは!高校生ブロガーのtreeだよ。

※今日は敬語は封印して、ため口で書いちゃうよ。許してにゃん。

 

みんなって数学好き?

 

僕は数学好きなんだけど、嫌いな人って多いよね。

だから、今日はみんなに数学の魅力を教えちゃうよ!

 

目次

 

スポンサードリンク

 

そもそもなんでみんな数学が嫌いなんだろう?

数学の魅力を教える前に「なんでみんな数学が嫌いなんだろう?」って思ったからみんなが数学を嫌いになった理由を考えてみたよ。

 

僕はみんなが数学を嫌いになる理由は一つしかないんじゃないかな?って思ってるんだ。

その理由は問題が解けないっていうことだと思う。

ほとんどの人がこれに当てはまるんじゃないかと思うけど、やっぱり数学って難しいよね!

 

ほかの教科って暗記しまくればどうにかなるけど、数学って暗記するのはある程度までだから、あとは自分で考えないといけない。

だから、頭のいい人だけができる教科みたいな感じで考えちゃってる人も多いんじゃないかな?

だから、みんな数学が嫌いになっていくんだと思うよ。

 

数学の魅力を話す前に

それじゃあ、数学の魅力を教えていくよ!

 

その前に、「ちょっと待って。この話の流れから行くとtree君は数学の問題が解けるから数学が好きってことになるよね。ただ頭がいいだけじゃん。ぷんぷん。」って思ってしまった人も多いんじゃないかな?

まあ、実際にそうかもしれないけどね。だって偏差値70あるし。

 

でも、僕は元から頭が良かったわけじゃないから、みんなの気持ちもわかるし、もし今数学の問題が全然解けなくても、数学の魅力はわかると思うよ!

 

っていうことだけ覚えておいてね。

treeblog.hatenablog.com

 

数学の魅力

それじゃあ、本題に入っていくよ!

 

僕は、数学の魅力は答えが分かった時の達成感だと思う。

 

結局問題が解けないとダメってことになっちゃうけど、やっぱり、頑張って頑張って問題を解いて、答えが分かった時の達成感ってすごいよね!

 

でも、全然問題が解けないんだよな。って思う人もいると思うけど、絶対にみんな何かしらの問題は解けると思う。

その問題よりもすこし難しいくらいの問題に挑戦すればいいんじゃないかな?

そうすれば、誰だって達成感を味わうことはできると思う。

いきなり、自分が絶対に解けないような問題に挑まないことが大切だよ!

 

そしてそれを繰り返していけばどんどん難しい問題が解けるようになると思って、達成感もどんどん味わうことができると思うよ。

 

まとめ

なんかちょっと話がそれちゃったところもあるけど、最後まで読んでくれてありがとう。

 

みんなも数学の魅力に気が付いてくれたらうれしいな。

 

あと、この口調の感想も聞いてみたいな。

もしよかったら教えてください。

好評だったら続けちゃうぞ!

 

ブログ初心者がアクセスアップに取り組んだ結果

f:id:treeblog:20170525205148j:plain

こんにちは!高校生ブロガーのtreeです。

 

先日こんな記事を書きました!

treeblog.hatenablog.com

 

そして、それから検証期間である一週間がたったので、検証結果を報告したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

結果発表~!

PV数はこんな感じになりました。

f:id:treeblog:20170525202123p:plain

思ったよりも全然伸びなくてショックです。

 

細かい数字

どのようにアクセスアップに取り組んだのか?どのくらいの効果があったか?という細かい数字です。

 

 記事投稿数:2

 付けたブクマ数:48

読者登録した数:10弱

 

PV数:10 ⇒ 30(平均)

読者数:39 ⇒ 50

 

考察

ほかの方々よりも効果が薄かったように感じられたので、考察をしていきます。

まずは、僕が参考にさせていただいたホルスタインおじさんと比べさせていただきます。

 

ホルスタインおじさんのこちらの記事によると、

www.holstein-ojisan.com

ホルスタインおじさんは

 

記事数:7

付けたブックマーク数:130

 

となっています。

僕よりもたくさんの記事を投稿したり、多くのブクマをつけていて、努力の量が明らかに違います。

 

ということで、僕が思ったよりもアクセスが増えなかった原因は、努力の量が足りなかったということです。

具体的にいうと、

  • 記事を投稿していない
  • ブクマを全然付けていない

ということだと思います。

 

まとめ

さすがにこの結果では悔しいので、もう数日間取り組んでみたいと思います。

 

そして、ホルスタインおじさんに追いつきたい!