読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

treeのようにたくさんの枝を

現役高校生が書く雑記ブログです。

学校にムカついてきた

f:id:treeblog:20170303191340j:plain

 

こんにちは、この頃学校にムカついてきたtreeです。

 

いや~本当に学校って頭悪いところありますよね。

 

そこにすっごくムカついてきました。

 

今日は、そんな僕がどうして学校にムカついいるのか語ります。

 

勉強のさせ方間違っとるで

僕は今、進学校に通っているのですが、学校って勉強のさせ方が古典的なところがあるな~って思います。

 

僕はそこにむちゃくちゃムカつきます。

 

あんたら子供に勉強させたいんやったら、自分も勉強しろや

 

って感じです。

 

ではどこが古典的なのでしょうか?

 

宿題させればいいと思ってる

僕はこれが一番学校の教育のなかで古典的だと思います。

 

だって、みんな分かんないとこバラバラじゃん!

 

それなのに、学校の先生は宿題を出します。

 

なんで出すんでしょうかね~

やっぱり宿題だしとけば文句言われないみたいな感じですかね?

 

しかも、宿題のやり方まで指定してきます。

 

で、もし間違ったやり方でやってこようものなら、怒ってもう一回やり直しです。

 

もうめちゃくちゃですよね。

 

そんなことしてたら成績上がんない生徒は一向に上がりませんよ!

 

とにかく詰め込み

もう一つは、詰め込み教育だということです。

 

まあ、百歩譲ってそれはいいとして、その詰め込みのやり方とにかくむちゃくちゃです。

 

僕の学校は毎日小テストがあって、膨大な量の単語を覚えなければなりません。

 

なので、前の日の夜に無理やり覚えて学校に行きます。

 

言ってみれば

 

毎日付け焼刃の勉強をしているような感じです。

 

昔から学校では付け焼刃の勉強ではダメだと教えられてきたはずなんですけどね~

 

で、どんどん次に進んでいくので、そんなんだとせっかく覚えた単語もすぐに忘れてしまいます。

 

せめて、同じ範囲のところを2,3日後にやるようにしてほしいです。

 

少数派の意見があってないようなもの

もう一つムカつくところは、学校において少数派はの意見はあってないようなものだということです。

 

この世の中、少数派の意見を大事にしようという風潮ができてきているのに、学校はいまだににこんな感じです。

 

学校で話し合いとかありますよね?

 

そんなときは綺麗事じゃない意見や、少数意見は問答無用で却下されます。

 

よく学校は社会の縮図とか言われますが、全然そんなんじゃありません。

 

まとめ

今は、社会がすごいスピードで変わっているので学校が古臭い感じになるのも分からなくはないですが、どうにかしてほしいです。

 

なんか、先生は学校に籠ってばっかではなく、もうちょっと社会に出てほしい!