treeのようにたくさんの枝を

現役高校生が書く雑記ブログです。

子供といつまでも仲良くいる方法

f:id:treeblog:20170327143655j:plain

こんにちは、反抗期がいまだに来ない高校生ブロガーのtreeです。

 

あなたには反抗期が来ましたか?

多分、ほとんどの人が来たのではないでしょうか。

 

反抗期が来ると親ともまともにしゃべらない日が続きますよね?(多分)

 

でも親御さんたちからすれば、できれば子供が反抗期を迎えずにずっと仲良くしていたいはずです!

 

そこで、僕にはなぜ反抗期が来ないのか考えてみました。

そうすると、親があることをするだけで子供とずっと仲良くなれることに気づきました。

 

ということで、今回は子供といつまでも仲良くいる方法を紹介します。

 

スポンサードリンク

 

子供は寂しがり屋

まずは、子供といつまでも仲良くいる方法を紹介する前に、子供について大事なことを一つ話しておきます。

 

それは、子供は寂しがり屋だということです。

これは、幼稚園の子でも、小学生でも、中学生でも、高校生でも同じです。

 

これを念頭に置いてこれからの話を読んで下さい。

 

子供としっかりと目を合わせる

あなたは親、または子供としっかりと目を合わせられますか?

 

自分が高校生、または子供が高校生という方たちは「難しい」という方が多いと思います。

もちろん、「できる!」という方たちは素晴らしいです。そのまま続けてください。

 

さっきも言った通り、子供は「寂しがり屋」です。

「もう子供は高校生なんだからそんなことはない!」と思う方も大勢いると思いますが、それは大間違いです。(実際に僕がそうなので)

子供は親に反抗しつつも、実はかまってほしいんです。

なので、かまってあげましょう。

 

でも、かまうといわれてもどうすればいいか分からないですよね?

しかし、それはとても簡単なことです。

それは、、、

 

 

しっかりと子供と目を合わせて話してあげてましょう。

そうすると自然と子供も反抗しないようになってきて、仲良くなっていけると思います。

 

まだ、子供が小さい方はこの記事に出会えてラッキーです。

小さいうちから子供と目を合わせて話してあげると、反抗期なんて来ないでしょう。

ちなみに、僕はこのパターンです。

 

まとめ

これを実践しようとしても、「子供が目を合わせてくれない」という方もいると思いますが、辛抱強くやってあげてください。

いつか絶対に子供と仲良くなれる日が来ると思います。

 

それでは、子供といつまでも仲良くいれるように頑張ってください!