読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

treeのようにたくさんの枝を

現役高校生が書く雑記ブログです。

kindleを買う上で知っていないと損すること

f:id:treeblog:20170330213608j:plain

こんにちは、高校生ブロガーのtreeです。

 

みなさんは、読書を何でしますか?

紙の本ですか?それとも電子書籍ですか?

 

「紙の本でしか読書しないよ~」っていう方が中にはいると思いますが、そんな方たち損していますよ!(多分)

 

というわけで、電子書籍の本を買ってみることをお勧めします。

そんな時に、便利なのが電子書籍専用の端末です。

 

「そんなんいらねーよ。金の無駄だ!」という野次が聞こえてきたような気がしますが、この電子書籍専用の端末、思っているよりも便利です!

 

で、その電子書籍専用の端末として有名なのがAmazonさんから出ています、kindleという商品です。この商品を買っておけば間違いないです。

 

というわけで、そのkindleを購入するうえで知っていないと損することを紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

kindleには種類がある

まず知っておきたいことはkindleには大きく分けて4種類のkindleあるということです。

しかし、初心者に人気のkindleは2種類です。ということで、その2種類だけ見ていきます。

 

まずは「kindle」いう商品です。いわゆる「普通」のkindleです。

 次に、「kindle paperwhite」という商品です。「kindle」の進化版のようなものです。

 このように二つの商品があるんですが「どっちを買えばいいの?」「どこが違うの?」という感じになると思うので、説明していきます。

 

何が違うの?

この二つの商品何が違うかというと、まず値段が違います。

kindle」は「kindle paperwhite」よりも約5000円安くなっています。

 

なんでそんなに値段が違うかというと、「kindle paperwhite」は

  • 内臓ライトがついている。
  • 解像度が高い。

この二つの点で「kindle」よりも優れています。

 

どっちを買えばいいの?

では違いは分かったけど、どっちを買えばいいのかという話になりますが、僕はkindle paperwhite」をお勧めします。

 

「5000円も値段の違いがあるのになんで「kindle paperwhite」がおすすめなの?」と思うと思いますが、先ほど挙げた内臓ライトがついているというのが大きく関係しています。

僕は「kindle」を持っているのですが、夜、ベットに寝ころびながら「kindle」で本を読みたいときに、内臓ライトがないと暗くて読めません!何度、「kindle paperwhite」に買い替えようと思ったか…

 

また、解像度もバカにはできません。「kindle」は解像度が低いので小さい文字になると見えなくなる時があります。

 

なので、僕はkindle paperwhite」をお勧めします。

 

しかし、「暗いところでは本は読まない!」「できるだけ安く済ませたい!」と思う方は、「kindle」を購入いただいたほうがいいかもしれません。

しかし、どっちを買おうか迷っている方は「kindle paperwhite」を買ったほうがいいです。安物買いの銭失いになるかもしれないので。

 

kindleをお得に買う方法

「買う端末は決まったよ~」という方に朗報があります。

 

なんと、kindleをお得に買う方法があります!

 

それは、何かというAmazonのプライム会員になることです。プライム会員はAmazonでの送料が無料になったり、映画が見れたり、音楽が聴けたりと、色々な恩恵を受けられるのですが、年会費で約4000円取られます。

しかし、このプライム会員に入っておけば「kindle」各種が4000円引きで買うことができます。

つまり、kindleを買うときにプライム会員になっておけば、実質無料でプライム会員の恩恵を受けられます。

 

これは入らないと損をします。

 

なので、入ることをお勧めします。

 

 

まとめ

 ぜひみなさんkindleを買うことをお勧めします。

 

「おれは紙の本しか読まないぜ!」という方も一度使っていただければkindleの魅力がわかるかと思います。

実際に僕もそっち側の人間でしたが、今ではもう生活必需品です!

 

それでは一緒に電子書籍ライフを送りましょう!