treeのようにたくさんの枝を

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

treeのようにたくさんの枝を

現役高校生が書く雑記ブログです。

数学がおもしろくなる勉強法

f:id:treeblog:20170406171323j:plain

こんにちは、高校生ブロガーのtreeです。

 

突然ですが、みなさんは数学は好きですか?

 

僕は好きです。

 

でも、嫌いな人のほうが多いと思います。

では、なぜみなさんは数学が嫌いになってしまうのでしょうか?考えてみてください。

 

僕はある結論に達しました。

それは「数学がおもしろくないから」ということです。

 

だから、数学が好きになりたかったら「数学おもしろい!!」と思えるようにすればいいんです。

ですが、簡単にそうは思えませんよね?

 

ということで、今回は数学がおもしろくなる勉強法を紹介します。

 

スポンサードリンク

 

数学がおもしろくない理由

数学がおもしろくなる勉強法を紹介する前に、まずは数学がおもしろくない原因を書いていきます。

 

僕は数学がおもしろくない原因として一番多いのは「問題が解けないから」ということだと思っています。

実際に、僕も問題が解けるようになる前は数学なんてちっともおもしろくありませんでした。ですが、問題が解けるようになってからはどんどん数学が楽しくなっていきました。

 

なので、皆さんも問題が解けるようになれば数学がどんどんおもしろくなっていくと思います。

 

答えを見ちゃおう

問題が解けるようになればいいと言われてもそう簡単にいきませんよね?

分からないものは分からないんですから。

 

なので、もう答えを見てしまいましょう!

 

答えを見てしまえば問題が解けるもクソもありません。

 

そして、一回答えを見て理解して、そのあともう一回解いてみて下さい。

そうしたら十中八九解けるようになっていると思います。

 

これで、問題が解ける喜びを味わうことができ、数学がおもしろくなっていきます。

 

そして、数学がおもしろくなってきたらこっちのものです。

この記事の通りに勉強して数学を得意教科にしてしまいましょう!

 

treeblog.hatenablog.com

 

まとめ

いかがでしたか?

 

答えを見るということは学校ではダメと言われていることなので、答えを見ないほうが正しいと思っている人のほうが多いと思いますが、たまには答えを見ることも大切です。

 

早速実践して、数学がおもしろい!と思えるようにしてしまいましょう!

広告を非表示にする