treeのようにたくさんの枝を

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

treeのようにたくさんの枝を

現役高校生が書く雑記ブログです。

いじめをなくす方法を子供の目線から考えてみた

f:id:treeblog:20170408110302j:plain

こんにちは、高校生ブロガーのtreeです。

 

先日、僕はこんな記事を書きました。

treeblog.hatenablog.com

 

しかし、この記事を読み返してみると、「原因だけ書いて、解決策を何も書いていないんじゃ何の意味もないわ」と思えてきました。

また、この記事はすごく抽象的に書いてしまいました。

 

なので、今日はいじめをなくす方法を書いていきたいと思います。

この記事がいじめている側の人の目に届いて、少しでもいじめが減ればいいなと思っています。

 

スポンサードリンク

 

なぜいじめが起こるのか? 

僕は、いじめている人たちはただ単にいじめているのではなく、その人たちなりの理由があっていじめているんだと思います。

理由もなくいじめるなんてことはほとんどないでしょうからね。

 

では、その人たちはなぜいじめているんでしょうか?

 

僕は、寂しいからという理由だと思っています。

 

家に帰ってもだれもいなくて寂しかったりしていて、その寂しさを紛らわすためにいじめをしているんだと思います。

 

もちろん、寂しいからという理由でいじめていいわけではありません。

ただ、その人たちにとっては深刻な問題なんだと思います。

本人たちは自覚をしてないかもしれませんが、心の奥底ではこのような気持ちになっていると思います。

 

そして、子供には寂しい気持ちを晴らすための手段を知らない人もいます。

なので、親がその寂しい気持ちをなくしてあげましょう。

 

いじめをなくすためにはどうすればいいか?

では、どうすればいじめはなくなるのか?

 

僕は、親がきちんと子供のことを見てあげることが大事だと思います。

 

子供をきちんとみて、何か些細な違いがあったらそれに気づいてあげて、しっかりと対処する。

これがすごく大事です。

 

そして、子供の些細な違いをに気づくために、子供と話す時間をしっかりととりましょう!

 

そうすれば、子供の寂しい気持ちもなくなるだろうし、もし子供がいじめているようなことがあったらすぐにわかると思います。

 

しかし、仕事をしていてそんな時間は取れない!という方も大勢いると思います。

もちろん、仕事を辞めて時間を作れとまでは言いませんが、「子供にとってはこの時間がすごく大事だ」ということだけ覚えておいてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ぜひ親御さんたちは子供と話す時間を作ってあげてくださいね。

もしかしたら、時間を作っても子供は拒否するかもしれませんが、辛抱強く頑張ってください!

何度も言いますが、子供にとってはこの時間がすごく大事です!

 

あと、この記事は多くの方に読んでほしいと思っているので、できればはてなブックマークをよろしくお願いします。

広告を非表示にする