treeのようにたくさんの枝を

現役高校生が書く雑記ブログです。

勉強やらないといけないのにダラダラして始めることができないのでその対策を考えて実践してみる

f:id:treeblog:20170520173700j:plain

こんにちは!高校生ブロガーのtreeです。

 

みなさんはやるべきことがあるのにダラダラしてしまってできないことはありませんか?

 

僕は今ちょうどこの状態に陥っています。

いろいろやらないといけないんだけど、できない…

 

ということで、その対策を考えてみましょう!

 

目次

 

スポンサードリンク

 

まずは今の現状

 僕は高校生なので宿題などをやらないといけないんですが、なかなか始められません!

 

午前中はダラダラして、午後もダラダラして、そして夜になって慌ててやるというような生活を送っています。

そして、謎の罪悪感が襲って来てしまう…

しかも、ダラダラしている間も宿題のことが気になってゆっくりすることができない…

なので、ゆっくりしているはずが地味に疲れていきます。

 

そんな生活はもう嫌だ!

 

なぜダラダラしてしまうのか

まずはダラダラしてしまう原因を考えてみましょう。

 

まず、「ダラダラしてしまっているときは何をしているのかな~」と考えたときに、僕はいつもスマホを触っていることに気が付きました。

つまり、僕がダラダラとしてしまう原因はスマホにあったんです!

 

ダラダラしないようにするためにどうすればいいか

ということで、僕はダラダラしないためにスマホを別の部屋に置くということをやっていきたいと思います。

 

それに加えて、やる気を出すために一つのことに集中するということをやりたいと思います。

どういうことかというと、僕はやることがたくさんあると

これもやらないといけないし、あれもやらないといけない。やる気でねー

ということになってしまうので、今はこれしかやらなくていい!という風に決めてやる気を出させる作戦です。

 

この二つを実践していきたいと思います。

 

やってみた感想

このことをやってみて、明らかにダラダラしないようになりました!

僕の場合、部屋にスマホがないとやることは勉強くらいしかないので、必然的に勉強をやるようになります。

また、やることも一つというように決めているので、モチベーションも高い状態でできて、すんなりと勉強に入れるようになりました。

 

まとめ

今回はこの記事を書いたおかげで無駄な時間を過ごすことが少なくなりました。

 

やっぱり、ダラダラするよりも何かをしていたほうが心もすっきりするし、達成感も味わえて一日が充実するようになります。

そして、何よりも勉強時間が確保できるようになります。

いいことずくめとはまさにこのことですね!

 

みなさんもぜひお試しください!

 

 

絶叫マシンの正しい怖がり方はこれだ!