treeのようにたくさんの枝を

現役高校生が書く雑記ブログです。

これが解けたら天才かも!?さてあなたはどうかな?

f:id:treeblog:20170523213335j:plain

こんにちは!高校生ブロガーのtreeです。

 

先日、知り合いの方にある問題を教えてもらったんですが、それがなかなか解けなくてとても苦戦しました。

偏差値70越えの僕がですよ!

※普段はこんな性格をしておりません。

 

なので、皆さんにも紹介したいと思います。

もしこの問題が解けたらあなたは天才かも!?

 

スポンサードリンク

 

 その問題がこちら!

f:id:treeblog:20170523205908j:plain

※正方形です。

 

こちらの図形をこのように並べ替えます。

f:id:treeblog:20170523210235j:plain

確認していただいたらわかると思いますが、長さはきちんとあっていると思います。

 

さて、それらの図形の面積を求めていきましょう!

まず一つ目の図形は、8×8=64

そして二つ目の図形は、5×13=65

となります。

 

ん?面積違うぞ?

 

はい。これが問題です。

この問題は「一つ目の図形を二つ目の図形のように並び替えたらなぜ面積が変わるのか?」というものです。

 

それではみなさん解いてみてください!

 

ヒント

きちんと並び替えましょう!

 

答え

それでは答えを発表します!

きちんと上の考えてから答えを見てくださいね。

 

答えは、な、な、なんと!この図形きちんと並び変えられないんです!

 

でも、長さはきちんとあってたけど…となると思いますが、実はパーツごとに傾きが微妙に違ったんです。

なので、並び替えるとこんな感じになります。

f:id:treeblog:20170523212002j:plain

赤と青の部分はの傾きは3÷5=3/5となりますが、緑と黄色は3÷8=3/8となります。

ちょっと違いますよね。

 

なので、そのまま計算してしまうと白い部分も一緒に計算してしまうことになってしまうので、面積も少し多くなってしまいます。

 

まとめ

ちょっとがっかりするような答えとなっていますが、そこは少し多めに見てください(笑)。

ただ、おもしろい!と思う人もかなりいるのではないかなと思います。

 

ぜひみなさんも友達に教えてあげたりして楽しんでください。