treeのようにたくさんの枝を

現役高校生が書く雑記ブログです。

「成功」とはいったい何なのか?

f:id:treeblog:20170930094208j:plain

僕と同じ高校生でブログをやっている、えすさんという方のブログを見ていたらこのような記事を見つけました。

 

www.shibainu-sakura.com

 

この記事を読んで僕も思うことがたくさんあったので、紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク

 

有名大学に行く→成功ではない

えすさんの記事でも紹介されていたこのツイート。

 

 

確かにそうなのだが、僕は少し疑問に思うことがあります。

 

それは「有名大学に行くことが、成功なのか?」というもの。

 

 

大学というものはそもそも、学びたい人が学ぶために行くものです。

 

しかし、いつの間にか大学というものは、いい会社に就職するための肩書き作りとなっています。

 

そのため、勉強が好きでもない人たちが、やりたくないことを何年もやって、大学に入るようになってしまっている。

 

 

果たして、このことを成功と呼べるのでしょうか?

 

成功する=満足すること

確かに、有名大学に入ることによって社会的な名誉は手に入ると思います。

 

しかし、それで自分は満足することはできるだろうか?

 

 

僕は「成功する」ということは「満足する」ということだと思う。

 

つまり、自分がやったことに満足できるような人生を送られれば、それは「成功した」といえる。

 

 

このように考えると、有名大学に通うことは成功と言えない。

 

自分のやったことに満足するために

しかし、自分のやったことに満足するといっても、なかなか難しい。

 

ついつい、将来のことを考えて社会的な名誉を手にしようとしてしまうからです。

 

 

このことを回避するために、僕は「今」に集中するということが大事だと思います。

 

「今」に集中することで、将来のことを考えすぎなくなり自分がやりたいことをやれるようになってくると思います。

 

 

ちなみに、スティーブ・ジョブズの名言にこんなものがあります。

毎朝、鏡の中の自分に問いかけてきた。「もしも今日が人生最後の日だとしたら、今日やろうとしていることをやりたいと思うだろうか?」と。NOと答える日が何日も続くようであれば、何かを変えなければならないということだ。 

 

このように自分がやりたいことをやることがとても大切なのだろう。

 

まとめ

僕はまだ高校生なので、今回書いたことが正しいとは言い切れません。

 

しかし、社会に出ていない子供の純粋な意見です。

 

 

もしよかったら参考にしてみてください。